2005年 11月 25日 ( 1 )

宮崎をドライブ(1)

e0087434_17243877.jpg

今日の日記は、
少しだけ宮崎の紹介をしながら書いていこうと思う。
 
               
                             :
                             :

              
                _________________




25日の正午過ぎ。


起きたばかりで、
まだ眠たそうな顔つきの彼女が


彼女  「今日はどこに行くの~?」


と、寝癖を気にして髪を結びながら聞いてきた。


俺   「そうだな~どこ行こうか~」


お互い大学が休講のためどこか出かける事に。

タウン雑誌や、PCで探してみるも
これといったものがなく


俺   「んじゃさ、サンドイッチでも作って海沿いをドライブしようよ」



そうと決まれば早速お弁当を作ることに。




e0087434_1772685.jpg


俺のおにぎり作りのあまりの下手さに
彼女は苦笑しつつも何とか形にはなりお弁当も出来上がった。

半ばピクニック気分で午後2時過ぎにアパートを後にした。


                  :
                  :


今日の天気は「南国宮崎」に似つかわしい晴天。


ドライブには持って来いの
ミスチルとソッフェのCDをセット。


意気揚々にエンジンをかけ、アクセルを踏み込む。


20分もすると、
太平洋海側に面しているここ宮崎ではすぐに海に出ることができる。


この季節にもなると
真夏には気持ちのいい海風さえも肌寒く感じるのだが
今日に限っては天気もあいまって心地よかった。


それから、更に20分ほど車を走らせると
左側に宮崎の海を一望できる堀切峠に着いた。


彼女  「そうだ、ここでお弁当食べようよ~、気持ちよさそうだし」


俺    「やね~、そうしよっか、腹減ったよ、俺」


早速、車を停め
海が一望できる高台まで急いだ。

e0087434_17215327.jpg


とても綺麗だった。

薄い雲が張ってたのだろうか、
それとも光の関係上なのか。


空と海の境界線がないように見え、
一体化してるような錯覚を覚えるほど不思議な「海のカオ」だった。


    「何かさ~いつもだけど海に来ると何ていうかすげー開放感があるよな~」


何ていう、小学生染みた感想(笑)。

その時の気持ちをそんな言葉でしか表現できない自分が少し情けなかったが
言葉よりも先に感情が先出っていた


自然と気持ちが高鳴るのを感じた。


そんな自分を見て
「ほんと子供みたい」と
横で言う彼女をよそに
海を見渡すことのできる道を歩き回った。


e0087434_17531894.jpg

歩いていると
「道」と石に彫られた彫刻を見つけた。

どうやら、ここ堀切峠は
日本百選にも選ばれている「道」らしい。


一通り歩き終えると、腹のムシも騒ぎ始めたため
お弁当を食べることに。

こうして手作りのお弁当を持って
彼女とドライブするデートにはいいかもな~と思っていた自分。

こういうデートは何気に初めてだった。

とても新鮮で、目の前に広がる海が、
またこの気持ちに拍車をかけた。


ご飯も済ませ
また散歩がてら二人で歩いていると
e0087434_1893085.jpg

海岸まで降りることが出来る階段を見つけ、
面倒くさいと言わんばかりの顔の彼女をよそに降り始めた。

e0087434_1812653.jpg

海岸に着くと
目の前に広がったのは
「鬼の洗濯岩」と呼ばれる岩礁だった。

この「鬼の洗濯岩」と呼ばれる岩礁は
宮崎では特に青島が有名だ。

戦後、宮崎は「日本のハワイ」と歌われ
多くの夫婦が新婚旅行で青島に訪れたといわれている。

今でこそ、海外の行き来が
容易に出来るようになり
新婚客は少なくなっている現状ではあるが
ここを訪れて一度だけでも見てほしいと思った。


本当に、鬼がここで洗い物を
洗濯岩で洗ったのではないかと思わせるほど

自然の神秘を感じることが出来だろう。


それからその場を後にし
アイスクリームを売っているのお店を目にすることが出来た。

甘いモノにはめっぽう弱い彼女は

e0087434_21341668.jpg

                 「私、マンゴーね~」



冗談で「アイス売ってるよ~食べる?」
といってしまったのがそもそもの間違いだった。

自分も
あしたばのアイスクリームを買って食べたのだが
あいにくお腹をこわす羽目に(苦笑)


峠から見える風景を十分に堪能した僕らは
堀切峠の夕焼けを背に、次の目的地である鵜戸神宮へと向かった。

e0087434_21431992.jpg


                                           -つづく-







-鬼の洗濯岩-
e0087434_1821575.jpg

[PR]
by yusukeohjino19855 | 2005-11-25 23:59